BPH/LUTSを合併するED患者に対してPDE5阻害薬は勃起機能を回復させるか ?

Answer: [推奨] BPH/LUTSを合併するED患者に対する前立腺の外科的治療で勃起機能が改善した報告はない。薬物療法では PDE5阻害薬が LUTS と ED を改善させる。α遮断薬はED発生率が少なく勃起機能の改善が認められたとする報告もある。5α還元酵素阻害薬は性欲を低下させるがPDE5阻害薬を併用することで勃起機能は維持される。

解説

前立腺肥大症(BPH)と下部尿路症状(LUTS)を合併するED(勃起不全)患者に対してPDE5阻害薬(バイアグラシアリスレビトラなど)は、一部の症例で勃起機能を回復させることがあります。その効果は個人差が大きく、すべての患者に適しているわけではありません。

PDE5阻害薬がBPH/LUTSを合併するED患者に対してどのように作用するか

勃起機能の改善:

  • バイアグラ等のPDE5阻害薬は、性的刺激がある場合に陰茎の血流を増加させ、勃起を改善するのに役立ちます。
  • これはEDの症状を軽減する助けになります。

バイアグラ処方

BPH/LUTSの症状の改善:

  • 一部の研究によれば、PDE5阻害薬の使用がBPH/LUTSの症状を軽減することがあると報告されています。
  • これは尿路の平滑筋の弛緩に関連しています。

個人差:

  • PDE5阻害薬の効果は個人差が大きいため、すべての患者に同じように効果が現れるわけではありません。
  • 一部の患者にとっては効果的であり、一部の患者にとっては効果が期待できないこともあります。

他の治療法との併用:

  • BPH/LUTSを合併するED患者に対して、PDE5阻害薬とBPH治療薬(5αリダクターゼ阻害薬やα1-アドレナーグ薬など)の併用が検討されることがあります。
  • 複数の治療法を組み合わせて症状を改善しようとすることがあります。

 

EDとBPH/LUTSを合併する患者の治療には個別のアプローチが必要であり、専門家である泌尿器科医や内科医との相談が重要です。医師は患者の症状や健康状態に応じて最適な治療法を提案し、その効果をモニタリングする役割を果たします。必要に応じて、複数の治療法を組み合わせることがあります。

EDとは

Q&A(推奨箇所)はED診療ガイドライン[第3版]日本性機能学会/日本泌尿器科学会より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です